トップ / 埋没法に目頭切開をプラスしよう

埋没法の失敗防止

埋没法に目頭切開をプラスしよう

目頭切開と埋没法の合わせ技

埋没法で二重にする場合、目頭切開をプラスすることで平行二重にすることができます。目頭切開では目頭部分をほんの1~2ミリ切開するのですが、この手術を取り入れるだけで顔の印象が大きく変わります。手術としては決して大がかりなものではないものの、非常に効果の高い手術なのです。
ここでは、目頭切開における代表的な効果について解説します。

・目が大きくなる
蒙古襞があると目を開けていても目頭部分が襞で隠れているため、目の内側の縦幅が狭くなり目が小さく見えてしまいます。
目頭切開手術をすることにより上まぶたにある蒙古襞が取り除かれるので、目の内側の縦幅が広くなり隠れていた涙丘も見えて目が大きくなります。目が大きくなると目力もアップするので、華やかでキリっとした印象を与えることができます。

・平行二重になる
もともと幅の狭い末広型の二重の人が目頭切開をすると、平行型の二重に近づくことができます。また、目頭切開と埋没法による二重手術を行うと、確実に平行二重にすることができます。埋没法のみでは元に戻りやすい幅広い平行型の二重も、目頭切開を行うことでくっきりとした二重まぶたが実現します。

・鼻筋の通った顔になる
目と目の間の距離が広いと鼻筋の幅が広く見え、のっぺりとした印象を与えてしまいますが、目頭切開手術をすることで目と目の間の距離が縮まるので、鼻筋の幅が狭くなり鼻筋が通った顔立ちになります。

目頭切開をすると目が大きく見えるのはもちろんのこと、平行二重や鼻筋の通った顔立ちになるなど、たくさんのメリットにつながります。

Copyright © 埋没法で平行二重は可能?. All rights reserved.