トップ

埋没法の失敗防止

埋没法で平行二重は可能?

埋没法での並行二重とは

西洋人の二重まぶたは平行二重なのに対して、日本人の二重まぶたのほとんどが末広型の二重になっていることはご存知のかたも多いのではないでしょうか。
このように二重でも形状が異なるのには、まぶたにある蒙古襞(もうこひだ)が大きく関係しています。蒙古襞とは、涙丘(るいきゅう)と呼ばれる目頭にあるピンク色の肉の部分を覆っている上まぶたの襞のことをさします。
この蒙古襞は、西洋人にはありませんが日本人(黄色人種)には多く見られます。そして、蒙古襞のある人は末広型でも平行型でもどちらの二重にもできますが、生まれつき蒙古襞がない人の場合は平行二重になるため、末広型の二重にはなれません。

埋没法の失敗を防ぐならこのサイトを一度見てみましょう。

日本人の多くは目頭部分の蒙古襞が発達しているため、埋没法のみでは平行二重にはなりにくいという特徴があります。
蒙古襞のある人が埋没法で幅の狭い二重を作ると末広型の二重になりますが、蒙古襞の位置を超えて二重を作った場合では平行型の二重になります。ただ、埋没法のみで幅広い平行二重を作ると、蒙古襞とまぶたの重みに耐えられず元に戻ってしまうことが多くなります。

蒙古襞が発達している人でも平行二重にすることは可能ですが、埋没法のみで平行二重を作るのであれば、二重の線となる重瞼線(じゅうけんせん)と蒙古襞の位置関係に注意が必要になります。
末広型の二重にするには二重の線を蒙古襞よりも低い位置に入れ、平行型の二重にするなら二重の線を蒙古襞よりも高い位置に入れます。
このようにして、二重の線を入れる位置を工夫することで埋没法のみでも平行二重は作れますが、先ほど説明したように元に戻りやすいというデメリットを理解したうえで手術を受ける必要があります。

Copyright © 埋没法で平行二重は可能?. All rights reserved.